トップページへ
みんなのおたより
 調布「憲法ひろば」宛のお便りありがとうございます。いただいたお便りを原則としてそのまま掲載させていただきますが、匿名希望の方はその旨お申し出ください。

2019年11月20日   石川 康子(調布9条の会「憲法ひろば」事務局)


 「全国首長9条の会」発足の会に参加して

 11月17日明治大学のリバティータワーで、「全国首長9条の会」発足の会が開かれ、250人の参加者が会場に溢れました。
2014年にできた「東北6県首長9条の会」が母体となって準備を進めてきたもので、131人の現首長、元首長らが呼びかけ人に名を連ねています。そのうち現職は13人に止まり、国政への「忖度」が窺われますが、東京では、共同代表に選出された武蔵野市長松下玲子さん、あきる野市長村木英幸さん、世田谷区長保坂展人さんがはいっています。元国立市長上原公子さんは、準備会で世話人として尽力されました。
ついに憲法審査会が開かれ、数々の不祥事にもかかわらず安倍内閣が厚顔にも憲法改正への策動を強める中、民主主義の地盤である地方自治体から改憲に逆らう動きが実体化されたことに、大きく励まされます。当面の活動方針として1)改憲発議阻止 2)3000万署名 3)全国首長の会の拡大 4)自衛隊員募集の地方公共団体への強制反対 5)辺野古新基地建設阻止 があげられていますが、まず第一に、辺野古新基地建設反対の意見書あるいは声明をすぐにも出していただきたいと思います。
玉城沖縄県知事は、集会にメッセージを寄せれらました。その中に首里城再建への訴えはありましたが、辺野古新基地建設への言及はありませんでした。首里城焼失への県民の思いを受け止めて、知事がいちはやく国への援助を求めたのは当然ですが、これを受ける安倍首相の嬉しそうなニヤニヤ顔を見て、首里城再建援助と引き換えに、玉城知事が辺野古基地建設反対を貫けなくなるのではないかと心配になりました。
三度にわたる沖縄県民の基地建設反対の意思表明が一顧もされず工事が強行されていることは、明らかな憲法違反であり、このようなことを許しておくことは、自らの自治権を放棄することにつながります。辺野古基地建設を即座に中止し、そこに費やされるお金を、首里城再建と相次ぐ自然災害の被災者救済にあてることを要求していただきたいと思います。玉城沖縄県知事を支え、全沖縄県民、そして平和を求め、9条を守ろうとしているすべての人々の願いを叶えるために。


2019年11月30日   小俣三郎(平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会)


『憲法ひろば』の「みんなのおたより」への掲載をお願いします。
「不思議なクニの憲法」上映会と松井久子監督トーク 
日時:11月30日(土)午後2時〜4時30分
会場:狛江市民センター 地下ホール(小田急線「狛江」駅下車徒歩5分)
参加費:500円(学生・障がい者は無料)
主催:平和憲法を広める狛江連絡会・こまえ九条の会
連絡先:03-3488-1437オマタ


2015年5月5日   鈴木 彰(調布「憲法ひろば」広報担当)


「法学館憲法研究所」という、日本国憲法の積極的理念を守り広げる立場から、研究活動や情報発信活動を行っている研究所のホームページ( http://www.jicl.jp )に、「今週の一言」というページがあり、毎週さまざまな分野の方々の、憲法に関連する諸問題についての「一言」が掲載されています。
この編集部からの依頼で、以下の「一言」を投稿しましたのでご覧ください。

10周年迎えた調布九条の会「憲法ひろば」 


2013年4月15日   益田武廣(府中九条の会事務局)

調布「憲法ひろば」のみなさん お世話になっております。
府中九条の会と府中市内の団体・個人で構成する「憲法フェスタ 平和のつどい実行委員会」では
毎年恒例の「憲法フェスタ in 府中」を開催します。

「第7回憲法フェスタ in 府中」へのお誘い

日時:5月19日(日)12:15開場、13:00開会
会場:府中グリーンプラザ けやきホール(京王線府中駅すぐ)
    
記念講演:「憲法を平和とくらしに生かす社会へ」
講師:宇都宮健児さん(日弁連前会長)
内容:第一部アトラクション :津軽三味線(オープニング)
      都立府中西高合唱部、合唱団白樺
      けやき混声合唱団
、   第二部 宇都宮健児さんの講演
会費:500円(高校生以下無料)
主催:憲法フェスタ 平和のつどい実行委員会
連絡先:益田(080−3389−0028)

2012年11月27日   丸山重威(ジャーナリズム研究者)

調布「憲法ひろば」のみなさんに投稿します。 

争点は「憲法」「原発」… 総選挙と都知事選の課題
離合集散にごまかされるな            


2012年9月27日   日本電波ニュース社の谷津賢二と申します

調布「憲法ひろば」のみなさん

突然連絡を差し上げる非礼をお許しください。私は、テレビのドキュメンタリー番組、報道番組、ドキュメンタリー DVDなどの制作に携わる者です。私はアフガニスタンで用水路を掘り続ける、日本人医師・中村哲さん(NGOペシャワール会現地代表)の活動をおよそ14年にわたって記録し続けております。この度、その映像記録を基にDVDドキュメンタリー映画を制作いたしました。

「アフガニスタン 干ばつの大地に用水路を拓く 治水技術7年の記録」
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/Kanbatsunodaichi.html

本作品は2009年に制作した、同じく中村哲医師のドキュメンタリー映画
「アフガンに命の水を 〜ペシャワール会26年目の闘い〜」
http://www.ndn-news.co.jp/shop/pickup/031212_6.html
の第2弾と位置付け、中村医師が手がける用水路建設の過程をより詳しく描き、さらに中村哲医師の“中村イズム”とも呼べる、その哲学と実践を描きました。

不躾ではありますが、このDVDドキュメンタリー映画の案内をさせていただきたく 連絡を差し上げる次第です。なお、売り上げの一部はペシャワール会の活動資金となります。
このDVD作品を広く皆様にご覧いただければ、アフガンで平和を取り戻すため、奮闘する中村哲医師の活動への一助になると確信しております。どうぞよろしくお願いいたします。


2012年5月12日   青年劇場の片桐千鶴子です
調布「憲法ひろば」のみなさん、いつもお知らせありがとうございます。
青年劇場の片桐千津子です。劇団は30年前こ原発の恐さを描いた「臨界幻想」を公演し、その次の年原発のある地域、これから予定している各地域など22箇所で公演してきました。昨年の福島の事故をうけて、30年前に「臨界幻想」を公演した劇団としてこの作品を再演しようと決めました。今回は「臨界幻想2011」としてリメイクし公演することにしました。お知らせが遅くなり申し訳ございません。初日が来週の18日で27日まで公演しています。ぜひご覧下さいますようお願いいたします。宜しくお願い致します。

2012年2月12日   九条の会・杉並の中村松三です
調布憲法ひろばのみなさん
2・19に「脱原発 杉並」集会とデモがあります。主催は、杉並の有象無象(うぞうむぞう)ということで、思想信条をこえて、あかちゃんからお年寄りまで、原発やめようの一点で集まって、前代未聞”のデモをやりたいとのこと。
2月9日(日) 13時 蚕糸の森公園(地下鉄丸の内線東高円寺駅が近い)に集まって デモは阿佐ヶ谷駅のほうまで
デモの申請は800人、警察は10倍の警備をするとか。わかもの系が多いので、何人になるか、予想つかず。(先日の実行委員会には130人も集まりました。)
9条の会・杉並ももちろん積極的に参加します。
 くわしい情報は uzomuzo.com でどうぞ

2012年1月12日   「映像ドキュメント.COM」の木崎貴幸です。
調布「憲法ひろば」のみなさん 
大変遅くなってしまいましたが、奥平先生の講演会の動画を
ホームページにアップしました。

「君が代訴訟と憲法 奥平康弘さんの話」
http://www.eizoudocument.com/0126okudaira.html

調布「憲法ひろば」の活動を広める手助けになればと思います。
撮影の許可を頂きありがとうございました。
---------- 映像ドキュメント.com  木崎  zakinco@gmail.com

2012年1月12日  国連平和デー被爆ピアノコンサート実行委員会 委員長 梶田 誠
                  神戸市兵庫区島上町2-2-21-205 携帯08056376405
 突然、メールを差し上げるご無礼はお許し下さい。
 私共は、被爆65周年にあたる2010年に、被爆ピアノをニューヨーク国連本部まで 運び込み平和のメッセージを音楽で発信しようと、2009年秋に立ち上げた小さな団体です。 多くの皆様からのご支援のお陰をもちまして、2010年9月17日国連で開催されまし た国際平和デー会議におきまして、被爆ピアノコンサートを開催することができました。 会議冒頭、潘基文国連事務総長の挨拶で、 「本日は、皆さんで被爆ピアノの音色を分かち合いましょう。」とのお言葉を賜り、 この模様は国連インターネットTVを通じて全世界に配信されました。 世界中の人々に被爆ピアノの音色を通して、平和について考えてもらう機会になった と考えております。
 私共が持参しました被爆ピアノは、仙台市在住の被爆者、松葉曄子さん(86歳) (1933年 曄子さんが8歳の時に購入したピアノです。)の持ち物です。 私共はこのピアノを2012年3月までお預かりして、各地でチャリティーコンサートを行い、 ニューヨークのコンサートにかかった経費を捻出する予定です。 関西でのコンサートを3月で終え、被爆ピアノを仙台に運ぶ途中、東京圏内各地で 被爆ピアノコンサートを開催したいと考えております。 現在のところ、東京では4月13日新宿区大久保1丁目にあります日本福音ルーテル 東京教会での開催が決まっておりますが、広い東京都ですので、3〜4ヶ所でコンサート を開催したいと考えております。 これまで関西を中心に活動して参りましたので、東京では地縁血縁等を含めて、 なんのつながりもない状態です。地域で平和活動に取り組んでおられる様々な団体に 協力をお願い出来ないかと考えて、ご連絡を差し上げました。 私共の被爆ピアノコンサートに、お力添え頂けませんでしょうか? 今週、13日金曜日より3日間、打合せの為、上京致します。 お時間を頂ければご相談に伺いますので、ご連絡頂ければ幸いです。
 松葉さんは東日本大震災で大きな被害が出ました仙台市在住です。 幸いな事に松葉さんをはじめご家族の方々は無事との事ですが、実行委員会として 何が出来るか?を考え、演奏家の方々と相談し、被災地が落ち着き次第、激励 コンサートツアーを行う事としました。 2011年6月27日〜29日に第一回激励コンサートツアーとして名取市、石巻市 に音楽を届けて参りました。引き続き第二回目を目指しております。 昨年3月11日の大震災以降に開催します被爆ピアノチャリティーコンサートを  「がんばれ東北!」のサブタイトルを付け、お寄せ頂く皆様の志を被災地に届けたい と考えております。 ぜひ、私共の活動にご理解いただき、「被爆ピアノ平和コンサート」の開催協力を お願いできませんでしょうか。 被爆ピアノの今も美しい音色を聴いて頂き、ピアノ背面に残る傷跡に触れてもらうことで、 「戦争の愚かさ、平和の大切さ・核兵器廃絶」の想いを伝えるだけでなく、私たち関西が、 阪神淡路大震災から立ち上がり、復興を遂げたように、今回の地震・津波で被災された 方々に復興に向けて励ましのエールを贈りたいと考えております。
 どうか、私共の活動にご理解いただき、ご協力、ご支援をお願いいたします。
2012年1月5日  調布市西部公民館の川上美砂です
調布憲法ひろばの皆さま
日頃より環境のために活動してくださり,感謝申し上げます。
突然のファクスで申し訳ありませんが,このたび西部公民館主催で環境講座を企画いたしましたので,ご案内させていただきます。
環境,エネルギーについて注目されている田中優氏をお招きします。
お忙しいことと思いますが,ご都合がつきましたらご参加くださいますようお願いいたします。

●環境講座「未来のエネルギーを考えよう〜田中優氏とともに」
●2月10日(金)午後6時半〜8時半
●参加無料 
●定員 100人(申し込み順)
●申込は,西部公民館 電話 042-484-2531まで。

●田中優氏
   未来バンク事業組合理事長,日本国際ボランティアセンター理事
   立教大学,和光大学大学院非常勤講師
  「原発に頼らない社会へ」「地宝論」など著書多数

  日本経済が破綻する前に考えるべき,これからのエネルギーのあり方
  について画期的で現実的な代替案を投げかけています。

 お問い合わせは,西部公民館 川上までお願いいたします。
 お忙しい中,お読みいただきありがとうございました。

2011年5月21日 四川地震レポートと編著のご紹介  丸山重威

 連休の後半に中国に行って、四川の現場を見てきました。どうにも違和感がぬぐえないのですが、北京の小寺さんに頼まれて、赤旗にレポートを書きました。5月13日付です。
 それと、あれからずっと、「原発事故報道」について引っかかっていて、来週、私の編著で本が出ます。いままで新聞に書かれていないことを紹介し、なぜそんなことになったか、を解明しようとした本です。是非読んでほしいので、またよろしくお願いします。以上2つ、添付ファイルで送ります。

2010年11月16日 仙川ひめゆり自主上映の会 竹原

お世話になっております。
東京に上京して7年め、沖縄料理屋をやっている竹原と申します。

2010年11月27日(土)、28日に調布市仙川町の「せんがわ劇場」で
調布市民を中心とした自主的な市民の活動として2007年に柴田昌平監督によって
作られた沖縄の長編ドキュメンタリー映画 「ひめゆり」を自主上映することとなりました。

沖縄戦のひめゆり学徒隊の生存者22名に13年かけてインタビューした
ドキュメンタリー映画です。

文化庁映画賞大賞やペンクラブ1位など数々の賞を受賞していますが監督の意向で
DVD化はされず、TV放映もされませんので、劇場に観に行くしかない映画です。

全国各地で開催されていますが京王沿線では初めてです。
沖縄から上京してきて、東京でこの映画を見て、自分もどうしても一人でも多くの
内地の皆さんに見ていただきたくて主催し、その意思に共鳴した仲間たちが
仕事の合間に一生懸命に力を合わせて告知しています。

つきましては、ぜひ九条の会の皆様にもごらんいただきたく、
九条の会やホームページ、会報等で取り上げていただければ幸いです。

<概要>
◆場所 京王線 仙川 「せんがわ劇場」
◆時間 2010年11月27日(土)、28日
@朝上映10:00〜A昼上映13:30〜B夜上映17:00〜 ※上映30分前開場
※27日は朝上映はありません。

27日各回上映後はプロデューサーによるトークもあります。

◆チケット
学生前売800円(当日1000円) 一般前売1000円(当日1200円)
◆チケット取扱:
「つつじヶ丘 沖縄料理みやらび」03-3300-6211
「仙川 沖縄料理美ら風」03-3307-4621    にて購入または
仙川ひめゆり自主上映の会 竹原 090-7461-7084 までご予約ください
◆予約・お問合:仙川ひめゆり自主上映の会 竹原 090-7461-7084 mamboo@gmail.com

ぜひ皆様に観ていただけると嬉しいです。
お忙しいところ恐れ入りますが、どうぞよろしくお願いいたします。

2010年10月29日  映画「いのちの山河」製作協力券があります

   頒布のお願いと上映会のご案内           鵜沢希伊子

映画日本の青空U「いのちの山河」の製作協力券(1000円)が相当数あります。全国共通券です。
今後も以下にご紹介しますように、上映が続いて行きますが、その観賞にご使用いただけます。

ご入用の方がありましたらお送りします。枚数 送付先をお知らせ下さい。

<連絡先> 鵜澤希伊子 電話・FAX 042−484−0230
Eメール   ukiiko@jcom.home.ne.jp

<「いのちの山河」、今後の上映予定>
年内 10月31日 港区 台場区民会館
11月16日 中野区 なかのZEROホール
11月29日 町田市 市民ホール
12月10日 荒川区 サンパールあらかわ
12月20日 目黒区 パーシモンモール
来年  1月26日  文京区 シビック小ホール